日本書紀の謎々を解く240・秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫

古事記にだけ記される「秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫」。この記録が何を伝えようとしているのか随分と悩まされたが、そのうち大伴磐と神前皇女との関係がわかってきて、春山霞壮夫は大伴磐のことを言っているのだろうと少しだけ見えてきていた。それが万葉集に目を通していて次のような歌があることに気がついた。水の江の浦の嶋子と住吉が歌の中にあるので春山之…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く239・吉備武彦と吉備穴戸武媛との関係

ヒメヒコ制を考えるために、もう一度吉備武彦と吉備穴戸武媛との関係を見直してみた。吉備穴戸武媛にとって吉備武彦は父だが、古事記では兄となっている。これはいったいどういうことなのか。やはり一番最初の頃のブログの中で述べたように吉備穴戸武媛は父がわからない素性しれない女なのか。私は藤原不比等の娘宮子も彼女の分身ではないかと考えている。彼女は実…
コメント:0

続きを読むread more

姫路で子持ちの二十代女性が殺害される

姫路で二十代女性が刃物で刺されて殺されました。この女性には幼い子供が一人いたようです。殺したのは三十代半ばの男。 もしかすると男性は集団ストーカーの被害者だったのではないかと心配しています。なぜなら我が家の隣の部屋にも幼い子供と赤ちゃんを連れた若い女性が入れ替わり立ち代わり来て大騒ぎをして帰ります。一応若夫婦を装っていて夫役の若い二十…
コメント:0

続きを読むread more

iPhoneのGPSをオンにした

集団ストーカーたちにつきまとわれるのでiPhoneのGPSをオフにしてたんですが、オフにしようが何の意味もないとやっと諦めがついて3日前ぐらいからオンにしました。 オンにしてからGoogleマップをみると私のいる位置を示す丸のマークが100メートルぐらいズレてる。これぐらいの誤差はあるのかなと思って見ていたら動き出した。 そして突然…
コメント:0

続きを読むread more