日本書紀の謎々を解く241・磯城津彦の磯城宮は石川が大和川に合流する場所の証明

目の調子が悪いのでカードだけにします。最近右目の白くぼやけたところが大きくなってきています。 石が走って逃げるなんて有り得ないわけですから、この石は大伴磐のことを意味すると思います。では応神天皇が大伴狭手彦なのかは、まだはっきりしません。ただヒメヒコ制から狭手彦(猿田彦)と吉備穴戸武媛(天鈿命)が対になっているので、吉備穴戸武媛が…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く240・秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫

古事記にだけ記される「秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫」。この記録が何を伝えようとしているのか随分と悩まされたが、そのうち大伴磐と神前皇女との関係がわかってきて、春山霞壮夫は大伴磐のことを言っているのだろうと少しだけ見えてきていた。それが万葉集に目を通していて次のような歌があることに気がついた。水の江の浦の嶋子と住吉が歌の中にあるので春山之…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く239・吉備武彦と吉備穴戸武媛との関係

ヒメヒコ制を考えるために、もう一度吉備武彦と吉備穴戸武媛との関係を見直してみた。そうしてみると新たに見えてきたことがある。吉備穴戸武媛にとって吉備武彦は父だが、古事記では兄となっている。これはいったいどういうことなのか。やはり一番最初の頃のブログの中で述べたように吉備穴戸武媛は父がわからない得体のしれない女なのか。私は藤原不比等の娘宮子…
コメント:0

続きを読むread more

姫路で子持ちの二十代女性が殺害される

姫路で二十代女性が刃物で刺されて殺されました。この女性には幼い子供が一人いたようです。殺したのは三十代半ばの男。 もしかすると男性は集団ストーカーの被害者だったのではないかと心配しています。なぜなら我が家の隣の部屋にも幼い子供と赤ちゃんを連れた若い女性が入れ替わり立ち代わり来て大騒ぎをして帰ります。一応若夫婦を装っていて夫役の若い二十…
コメント:0

続きを読むread more

iPhoneのGPSをオンにした

集団ストーカーたちにつきまとわれるのでiPhoneのGPSをオフにしてたんですが、オフにしようが何の意味もないとやっと諦めがついて3日前ぐらいからオンにしました。 オンにしてからGoogleマップをみると私のいる位置を示す丸のマークが100メートルぐらいズレてる。これぐらいの誤差はあるのかなと思って見ていたら動き出した。 そして突然…
コメント:0

続きを読むread more

集団ストーカー被害者の家をひとまわり?

昨日、いや一昨日だったかな。またあの親子が隣の部屋に来たようです。子供がギャーー、ギャーー、大声上げて走り回ってます。 集団ストーカーの被害者の家をひとまわりしてきたのかな。 今日主人は十三に飲みに行ってます。飲めないのに。無事に帰ってくるか。本当に心配です。今頃淀川に浮かんでんじゃないか、想像しただけで生きた心地しない。
コメント:0

続きを読むread more

自殺した職員の奥さん

今「報道特集」で森友問題で自殺した近畿財務局職員の事件をみてるんだけど、奥さんの発言を聞きながら、やっぱり日本人の大部分の人は今、日本で何が起きてるのか気がついてないのでしょうかねぇ。 空前絶後の大事件が起きてるんですけどねぇ。森友学園は典型的な、大規模な地面師の組織(私がいうテロリスト)の起こした事件だと思うんですが。 自殺した職…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く238・角臣と物部麁鹿火、大伴狭手彦は同一人物

『逸文・山城国風土記』の賀茂社に登場する玉依日売と物部麁鹿火の娘影媛は同一人物と考えている。なぜなら玉依日売と結婚する火雷命(丹塗り矢)はその名前にある雷から大伴磐。一方物部麁鹿火の娘影媛の夫である平群真鳥臣の子、鮪(しび)も大伴磐だと考えられるからである。私は平群真鳥臣と子の鮪(シビ)は同一人物と考えていてシビは、かつて王の位にあった…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く237・また修正。物忘れとの戦い

また、修正がありそうです。大切なことをすっかり忘れていました。物忘れがかなり進んできています。それと改めて風土記等の資料の解釈の難しさを痛感しています。編纂者たちは日本書紀のもととなった旧資料を後世に伝えようという強い思いがあるのですが、一方で簡単に答えが出ても困るのです。私たちを欺くために偽りの記録を紛れ込ませていることも考えなければ…
コメント:0

続きを読むread more

木下優樹菜さんの次は誰だ?!

木下優樹菜さんももしかすると集団ストーカーの被害者かもしれませんね。お気の毒です。 タピオカ店の店員の中に集団ストーカーのメンバーが紛れ込んでいて彼女に嫌がらせをした可能性もあります。夫の藤本さんと離婚したのもなんらかの嫌がらせをされたのかもしれません。 私たち夫婦も結婚して三十年は喧嘩一つしたことがなかったのに嫌がらせが始まってし…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く・遠智娘

天智天皇の妃に遠智娘(をちのいらつめ)という女性がいる。孝徳大化五年三月条で病に罹って亡くなる。越智(おち)は大山祇神を瀬戸内海の大三島に勧進した小千命(おちのみこと)に関連する名前で、河野水軍、村上水軍が発達した芸予諸島に広く分布する名前である。この辺りで育った私なら直感で彼女が大山祇神の娘だとすぐにわかるのである。ということは遠智娘…
コメント:0

続きを読むread more

危険ファイル?

以前パソコンを見ていた時に気持ちが悪いファイルを見つけたので、「記憶にないファイル、危険」というファイルを作って入れて、またSDカードにも保存しました。 さっきもう一度そのファイルを確認しようと「記憶にないファイル、危険」と書いたファイルをみたら気持ちが悪いファイルは無くなってどうということもないwordで作った文章が二つ入ってました…
コメント:0

続きを読むread more

熊本の水害で車が立ってる!

熊本の水害の映像見てたら、車が立ってるのよ。ヘェ〜! よく見てみたら全然泥まみれになってない。綺麗なまんま。綺麗な車が垂直に立ってる。 変だわぁ〜。重機かなんかで立てたとしか思えない。 私、豪雨を信じてないのよ。ダムかなんかをいっせいに放水したんじゃないかって思ってんだけど。どうなんだろう。 菅官房長官が甚大災害に指定するとかニ…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く236・金刺舎人麻呂

『続日本紀』孝元天皇、天平宝字元年八月十三日条にかなり面白い記録がある。蚕が生んだ卵とは一体何なんだろう。不思議な文章である。これは眉輪王が生まれた時の記録、あるいは天皇となった記録かである。金刺は欽明天皇の都があった磯城嶋金刺宮の金刺である。この宮の舎人だから大伴磐を指していると考える。蚕の卵は眉輪王のことだろう。 しかし蚕の卵が自…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く235・吉備穴戸武媛の2人の皇子

吉備穴戸武媛の2人の皇子についてもう一度考え直してみた。これまで眉輪王は日本書紀と古事記の日本武尊の妃皇子女の記録を重要視して、いつのまにか眉輪王を日本武尊の子供だと考えていた。しかしよく考えてみたら眉輪王は大草香皇子の子供だった。どこで勘違いしたのかというと、日本書紀では吉備穴戸武媛の子供は武卵王と十城別王、古事記では建貝児王のみ。そ…
コメント:0

続きを読むread more

三台のパトカー

一昨日和歌山に行ってきたんですが、行きの高速でパトカーがとまっているのを見て、御坊市内で一台見て、帰りの高速でまた見て。 合計パトカー三台見たんですけど、日本の警察はどうなってんの!?偽物?! 和歌山コロナの感染すごいよ!私の周りだけだろうけど。 最近集団ストーカーの車が半端ない。少しはおとなしくなるかと思ったんですが。私が先…
コメント:0

続きを読むread more

また下の部屋の中学生が変わった

また下の部屋の中学生が変わってました。私が出かけようと玄関から出たら、下の部屋からも中学生二人が話しながらほぼ同時に出てきて、私が厳重に鍵をしているうちに下の駐輪場に降りて自転車にまたがった状態でスマホをいじってました。 この二人、今まで見た中学生と全く違う。中学生ながら集団ストーカーのプロ中のプロといったような、すでに半グレといった…
コメント:0

続きを読むread more

熊本の豪雨、信じてない私

今、熊本の豪雨災害を情報番組で見てるんですが、雨量が多い場所がどのように移動しているのかを表している図を見てみると、熊本に豪雨をもたらした赤い部分が時間とともに東の四国へ移動して高知県にも熊本に負けないぐらい物凄い雨が降ったはずなんですが、高知県のことは全く伝えない。 熊本県ばっかり。 変だわぁ。熊本の住人も家の片付けをしながら、「…
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く234・231の訂正

ブログ231で公開した年表の訂正です。 大草香皇子(大友皇子・用明天皇)は天皇に即位したのかわからない。この表では三年と数字を出したが、用明天皇は日本書紀では二年、古事記では三年となる。また日本書紀も古事記も一年不明があるので大伴磐(大海人皇子)との戦いに一年費やしたのではないかと考えている。
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎々を解く233・葛城襲津彦の娘磐之媛の正体

磐も石も同じだろうと考えて、石姫と磐之媛は同一人物と仮定し、その正体を探ってみた。読みにくいのは、恐らく私が集団ストーカー証拠となる写真を公開するのを恐れて、なんらかの妨害をしていると思われる。写真や図の上でクリックしてもらえれば鮮明な図が出てくると思う。 この石姫が生まれたのは雄略天皇三年四月条より西暦506年ごろと思われる。 …
コメント:0

続きを読むread more