テーマ:記紀に遊ぶ

記紀・まだまだ読み込みが足りません。

あ~~、高御産巣日の神と神産巣日の神勘違いしてたぁ。 どこで勘違いしてたんだろう。 もう一度調べ直さなくっちゃ。 読んだ本がゴチャゴチャになっちゃってる。 それから、ぱらぱらと古事記めくってたとき 神武天皇の妃、イスケヨリヒメが美和の大物主神の娘だってってことに 気がついた。 いったい今まで何を読んでたんだ!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんでもないこと始めっちゃった。

昼ごはん終えてから、 ネットで素戔嗚尊、関連の神社 五十猛とか八島士奴美とか 出雲系の神のことをいろいろと読んでたんだけど つくづくと、とんでもないこと始めちゃったなぁ・・・って思っちゃった。 同じようなことやってる人のホームページ読んでたら なんか、頭がぼぉ~ってしてきちゃった。 メチャクチャ調べてる。 私、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オムスビかオニギリか

昨日のブログ。 熊野大社に興味が出てきて、いろいろと考えていたら いつのまにか「おむすび」に行き着いた。 そのあとすぐに 「おむすび」には、もうひとつ「おにぎり」という言い方があることに気がついた。 「おむすび」と「おにぎり」、この違いってなんだろう。 今まで考えたことなかった。 馬鹿とアホの境界線があるように …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オムスビってそういうこと?

なんだか急に出雲の熊野大社が気になってきました。 私は、出雲の熊野大社って後の時代に 紀州から入ってきた神社だと思ってたんですね。 紀州熊野大社が本家だと思ってた。 しかも伊勢系に近い神だとばかり思ってた。 ところがインターネットで調べてて 出雲大社と同じ出雲國一の宮って知ってビックリ! さらに御祭神が「伊邪那岐日真名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲国風土記!フツヌシが鍵?

もうひとつ。神武天皇が八咫烏とともに熊野からヤマトに入ってくると、 すでにそこには饒速日命(ニギハヤヒノミコト)というヤマトの支配者がいた。 大国主命の幾つかの名前、大国主命と同一視される三輪山のの大物主神・・・ 古事記を読み進めるにつれて、 どうしても出雲がかつては日本を支配していたとしか思えなくなるのです。 そうすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おもじろいよぉ~!古代史!

ああ、面白かったわぁ。 古墳だけでこんなにいろんなことわかるなんて。 一気に読んじゃった。 でも、面白すぎて、途中でノートとるのが面倒になってしまった。 もう一度読みながらノートとらなくっちゃ。 でも、どうまとめようかな。 で、ノート見ながら、もう一度日本書紀を読んでみる。 でも、やっぱり出雲がわからん! 出雲の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゃんとした本読まなくっちゃ!!

しまった! つまらない本買っちゃった。 ちゃんとした学者が書いた本じゃなかったんだ。 ちゃんと調べればよかった。 アマゾンにも著者の経歴書いて欲しかったわぁ。 先週母の白内障の手術で実家に戻ってたんですが 父の書棚に考古学の学者さんが書いた本を見つけて パラパラめくって読んでたんですが やっぱり、こういうの読まな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜオンドルは日本に定着しなかったのか

最近、考古学関連の本取り寄せて読んでるんだけど 天智天皇の大津京だけでなく古代葛城氏の根拠地だったところからも 朝鮮半島の暖房施設オンドルが大量に出土していると言うことを知った。 あれだけ便利な暖房施設がなぜ日本に定着しなかったのか。 平安時代の貴族の屋敷寝殿造りなど、本当に寒かっただろうにと思う。 不思議だ・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今城塚古墳行って来ました

昨晩、日本書紀を久々に引っ張り出して 継体天皇のところを読んでいたら 無性に今城塚古墳見にいきたくなって 散歩がてら行ってきました。( ̄▽ ̄) 今年は紅葉がめちゃくちゃ綺麗です。 しかし、古代の男子のヘアースタイル「美豆良」 思っているより複雑ですね。 どういう構造になってるんでしょ。(O_O) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古事記(16)考古学情報を新しく

どうのこうのといっても やっぱ、本読まなきゃなぁと思って……… 考古学の最新情報入った本。 たぶん私の持ってる考古学情報、30年前で止まってる。 ( ̄▽ ̄) 近くの本屋で注文したんだけど、なかなか入ってこない。 たぶん、あのおばさん。注文の仕方わかんなかったんだと思う。 はじめてみた顔だったもん。で、その後見てない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古事記(15) 汝は結婚せよ!

寝られなくって、いろんなこと取り止めもなく考えてたら 大国主の息子タケミナカタノカミのことを考え始めた。 タケミナカタ どうも違和感ある名前だなぁ。 大国主の息子としては…なぜか… 母親は、ヒスイの産地糸魚川周辺に 大きな勢力を持っていたヌナカワ姫ってことになっている。 まてよ。 あの当時は妻問婚で、 生まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記紀(16 ) 出雲って出雲?

高円宮典子さまのご婚約の発表以後、千家の先祖について考えるうちに ちょっと引っかかるところが出てきた。 大国主が支配していた国を「出雲王朝」という表現ってどうだろう。正しい? もともと京都の北にある「出雲」と言う地を治めていた千家の先祖・出雲氏が 大和朝廷の命令で大国主亡き後、あの地方の支配者になったから あのあたり一帯を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古事記(14) ヒル

蒜山(ひるぜん)高原一帯のMAPを見ていたら 蒜山の中腹に「日留神社」と書いてあるのを発見。 今はネギ科の蒜を表す漢字を当てているけど もしかすると、ヒルはもともと「日留」? 出雲も近いことだし 日本書紀とか古事記とかが頭に浮かんで ヒルメ?ヒルコ? 太陽との関係? 出雲王朝における蒜山とは・・・・とか いろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古事記(11) 王の娘

大国主の妻とその子供たちを表にして書き出してみた。 じ~~っと眺めていると自然に 正妻のスセリヒメで目が止まるんですね。 なぜならこの二人の間に子供がいないから。 神話なんだから、勝手に作っちゃえばいいのに、いないんだねぇ。 大国主の正妻にして、スサノオの娘。 大国主はスサノオの5代か6代後の子孫ということらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古事記(9) お遊びですっ!

「古事記」だけ見てても駄目だなぁと思うようになって 「日本書紀」も引っ張り出して、双方を眺めながら 倭国の成立を推理している。 当然ながら「出雲風土記」も読まなくっちゃいけないだろうし・・・・ 古代史、考古学の本も目を通さなければいけなくなるだろうし・・・・ ああ、なんだか目の前にうずたかく積まれた本が ものすごい迫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気ままな、行き当たりばったりの小旅行

仕事のストレスが溜まりに溜まったので 今週末、出雲まで一泊二日の小旅行です。 古代出雲歴史博物館とか荒神谷遺跡とか「古事記」の舞台見てきます。 ホテルとかまったく予約なし。行き当たりばったり。 ホテルに飛び込んで、「部屋開いてませんか。」 ない時は、「道の駅」、「ユース」、最悪ラブホテル(何もしませんって!) 昔ながらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢の式年遷宮・遷御の儀をみながら・・・・・

伊勢神宮の遷御の儀が昨晩8時からありました。 神は夜動く・・・・・・ 「ふぅ~~ん。まるで神とはケモノののようだなぁ。 ケモノ・・・・・ケモノ・・・・ケモノ・・・・・・もものけ・・・・か。」 八百万の神の正体。 深い森のなかや漆黒の闇の中を ザワザワと音を立てて通り過ぎていく風の音や小枝が折れる音 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

古事記(4) ひゃ~、恥ずかしい

福岡の日向峠 BIGLOBE地図で見つけましたよ。ふっ、ふっ・・・・・ でも、地図眺めてて、とんでもない勘違いを発見してしまいました。 福岡県、つまり筑前筑後、つまり筑紫の国ですが 玄界灘から有明海に抜けてたんですね。 玄界灘から有明海に抜ける平野部が筑紫の国だったんだ。 いいとこ、陣取りましたねぇ。 じゃぁ、八女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古事記2  ひとりごとですから・・・・

「古事記」が届いたので、今度は、さらっと読むんじゃなく、 深く読みこんでいこうと決めて文房具屋さんでノート買ってきました。 で・・・・神様の名前とか細かくメモしながら読んでいってます こんな感じで・・・・・(^^ゞ 最近手書きすることが無くなったので、 久々に柔らかいHBの鉛筆で神様の名前書きこんでいたら気持ちいい~~~。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more