テーマ:私の王子様

運命の日

以前ブログで公開した私の王子様。 ちょっと修正して合成してみました。 キャプテンの服をキチンと着せつけて逆光いれて・・・・(^_^)v その運命の日 娘は朝からいつものようにこまごまとした家の仕事を片付けて、 少し早い目に昼食をとり、寝椅子に横になると読みかけの本を開いた。 大きく開けはなった窓から初夏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の願い

大沢たかおが、えぇねぇ。 レーモン・ルフェーブルの「華麗なる大泥棒」聞きながら 王子様があ迎えに来てくれるとこ想像するんだけど 実際王子様は淡い輪郭だけ。 でも、その薄ぼんやりした輪郭に 大沢たかおさんはぴったりハマったわ。 決めたっ!! レーモン・ルフェーブルのCD買うわっ! 「愛の願い」は 運命の日の前日か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壮年の男と少女

調子に乗って、アーサー・グレイの漫画描いてしまいましたが 実際あの雰囲気で少女を迎えに行くところを想像すると違和感が私のなかにある。 グレイが若すぎるのだ。 あの漫画の絵では自分の船を持ったばかりのころ、二十代ぐらいか。 現実世界なら17、8ぐらいの少女と二十代の男で 年齢差はちょうどいいのかもしれないが。 グレイが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ白か

なぜ私のグレイの船は深紅の帆ではないのか。 なぜ横帆をたくさんつけたクリッパー型の帆船なのか。 帆船のなかでもとりわけクリッパータイプが好きだから。 で、あの小さな横帆がガチャガチャとたくさんついた船に どう考えたって深紅の帆はにあわない。 だから私のグレイの乗る船は深紅の帆じゃなくなったわけ。 「深紅の帆」を読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深紅の帆をめぐって(3)

深紅の帆をめぐって考えてみたこと。もうひとつありました。 実は、数日前にブログで ルフェーブルの「恋するモディーニア」を聞きながらイメージする世界を書いたとき (この部分は曲からインスピレーションを得て完全に私が創作したものです) 「こりゃ、男のロマンを書いた小説かもしれん!男のロマン500%!!」って思ったのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深紅の帆をめぐって (2)

数日前にグレイの生い立ちをブログ上に書きながら、 「貴族の身分で船乗りの辛い作業に耐えられるなんて、 まずありえない話だわね。」と思った瞬間、思い出した!! いる、いる!こういうことを平気の平左でやってしまう貴族の男がいた!! ロシアのピョートル大帝! 皇帝の身分でありながら、ポーランド(?)で身分を隠し 船大工とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深紅の帆をめぐって (1)

ここ一ヶ月ほど私の王子様アーサー・グレイについて いろいろと記憶を辿りながらいろいろと書いて見て 恋を夢見る頃のトキメキを思い出しています。 本当のところ一ヶ月ほど前までグレイは私のなかで消滅寸前でした。 本当の恋を知ったあたりから少しづつグレイはフェードアウトし始め 主人と恋愛し結婚した頃に、この本を捨てたと記憶してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のグレイ!

Wikipediaで「深紅の帆」のストーリー何十年ぶりに確認して 彼が資産家の息子だったって書いてあったので驚いた。 具体的にそういう風に書いてあっただろうか。 私の記憶では、彼が資産家の息子だともイギリス人だとも明確には書いてなかったように思う。 ただ、名前がアーサー・グレイだからイギリス人なんだろう。 親が自分たちのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の物語だもん!!

わずかな記憶を辿りながらWikipediaで調べたら、な、なんとでてきました。 すごいっ! まさか出てくるとは思わなかった。 私の王子様の物語。 そうそう、そうだった! ソ連の作家アレクサンドル・グリーンの「深紅の帆」 ロングレン、アッソーリ 懐かしい名前が次々と・・・・・・ あっ、そこ。そうだったけか! って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレイに嫉妬?

先日私の王子様グレイの絵をを完成させたあと 主人に「へへぇ~ん、これが私の王子様よ。」って見せたら 不機嫌そうに目をそらした。 えっ、絵に嫉妬してる? 今まで私がレーモン・ルフェーブルの「華麗なる大泥棒」聞くとき 「これから王子様が迎えに来るとこ想像するんだから邪魔しないでね。」って、 ほわぁ~んって、この上もなく幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋するモディーニア

もう絵は描けないと思ってました。 でも、最近グレイなど書いてみてけっこういけるので 調子に乗ってもう一丁書いてみた。 ある夜、南太平洋上で船を停泊させていたグレイが 船の位置を計測しようと夜のデッキに上がってくる。 頭上に広がる星々のあまりの 美しさに思わず計測の手をとめて、 満天の星空を眺めるという場面。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご冥福をお祈りいたします

不思議なことだ。 私が何を思ったか朝から 突然 私の王子様グレイを三十年ぶりぐらいに漫画で描いて このブログにアップロードした日 画家の金子国義さんが亡くなられた。 実は、私の王子様グレイのモデルになった小説の挿絵が 金子国義さんだったのだ。 少年少女文学全集の挿絵だから よく知られてる金子国義さん独特の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレイ登場!!

やぁ~~ん、恥ずかしい! 今日は休日だったから主人を会社に送り出した後 何を思ったかシコシコと私の王子様グレイを久々描いちゃった。 大沢たかおさんに刺激されたんだわ。 三十年ぶりに・・いやそれ以上か・・・・ 思った以上にうまくかけたのでブログにあげちゃうわ 💖 えっへん!これでも漫画家夢見たことがあるんでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだろうなぁ・・・・・って

最近、何か知らんがレーモン・ルフェーブルの「華麗なる大泥棒」 (作曲はエンニオ・モリコーネ)を、よく聞くようになってきた。 この曲は、王子様が迎えに来てくれるところを想像しながら聞く音楽なんだぁ~。 ドラマティックなんだもん。 レーモン・ルフェーブル聞くときは完全に少女だもんねぇ。 しかし、レーモン・ルフェーブルの「華麗な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more