テーマ:継体~欽明紀年の謎

車持君、説明足らず

「日本書紀の謎を解く」の木花之開耶姫の正体について書いたが 今読見返すと、車持君説明が足りませんでした。 数日中に書き直します。 雄略の記事ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎が二つ解けたかも*\(^o^)/*

ここ数日の間に日本書紀の謎が二つ解けたような感じです。 二朝並立はやはり辛亥年前後にありました。 皇子の反乱の謎を解こうとして 武烈の不思議な「人となり」 あれはニ朝並立のことを言ってるんです。 あの武烈の残忍な性格は 中国の紂王などにならって創作されたという説がありますが 本当に日本でもあった可能性があります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14まで修正しました

今「日本書紀の謎を解く・14」のかぐや姫まで修正しました。 明日は15、16やります。 で、来週から日本武尊の妃やります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず読めるようにはなったと思います

とりあえず午前中「日本書紀の謎を解く」を、1から12まで文章を手直ししました。 少しの所もあれば、がっぽり変わったところもあります。 以前よりは読めるようになったのではないかと思っております。 で、読み直してみて筑紫磐井の正体を書く前に まだまだ書かなければならないものがありますね。 たとえば仁賢天皇の正体など。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資料整理中

今資料整理の真っ最中。 集団ストーカーのせいで日本書紀・古事記に手をつけられなくなり まとめて整理したはずの資料が 今となってはわけわかんない塊となってしまいました。 時間おいて後で見てもわかるように 整理し直しています。 これが終わったら、 今までに書いたブログ「日本書紀の謎を解く」を手直ししていきます。 少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恥ずかしい!

「日本書紀の謎を解く」 今まで 何を書いたかわからなくて午前中読み返してました。 ああ、恥ずかしい。 何を書いてるんでしょうね。 吉備臣尾代について一度書いてました。 これから書き直していきます。 こんなひどいもの読んでくださって ありがとうございます。 文章の修正と同時に日本武尊の妃も早く書かなくては。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石上神宮、進まなかった

昨日はiPadに石上神宮について書いてたのですが、 文章を書くアプリのメモリーの容量が無くなったんでしょうか 4行しか出なくなった。 時々文字も消える。 文章の全体が見渡せないのです。 もともと「日本書紀の謎を解く」はパソコンで打っていたのですが 12月9日2時ごろ、突然パソコンが切れて使えなくなった。 仕方なく修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故か、いけそうな気がする

なんとなく今日は石上神宮の真実ついて書けそうな気がする。 何故か、そんな気が。 日本書紀への情熱を取り戻すために 一昨日から遠くに見える生駒山、金剛山、葛城山をジッと眺め 目の前に広がるビル群を頭の中で消して 古代大阪市内に広がっていたという広大な内海を思い描き 生駒を越え仁賢天皇に戦いを挑もうとする ヲホドや勾大兄皇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうございます

ああ、こんなことだから石上神宮について 日本書紀を読んでわかったことが書けない。 次から次にいろんなことが起こるから 心が休まることがない。 でもアクセスのレポートを見て 日本書紀に関することを読んでくださる方が少なからずいらっしゃって 本当に心が救われます。 ありがとうございます。ありがとうございます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石上神宮つづきを、とりあえず加えました

まだ文章を練れてませんが、とりあえず加えました。 五、五十、五百・・・・・ 五がつく人物は勾大兄皇子(安閑天皇)のことと考えていいでしょう。 今こういう状態ですから、頭がすっきりしたことがありません。 今完全に本が読めない状態です。 考えることもできません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭が回らない

数日前に久々に「日本書紀の謎をとく」で和珥臣の遠祖彦国葺について 続きを書いたが、おそらく何の説明にもなってなかっただろう。 頭が回らないのだ。 ぼんやりして。 考えられない。 それに、毎日こんな風だから 忘れてきている。 説明する手順も考えててたんだけど 忘れた。 それでも昨日は日本書紀、古事記、風土記並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでも都合よく

わからないけど、警察が動き始めたような気がしてる。 でも、なんでも都合よく考えてしまう私だから。 「日本書紀の謎を探る」書き始めました。 もう一つ筆が運ばないですね。 頭がスッキリしない。 今週中には彦国葺書き上げて公開します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行くぞっ!日本書紀を語る講演会

明日、王寺駅で「日本書紀を語る講演会」があります。 当選したので聞きに行きます。 会場は当選した人しか入れないので安心ですが 王寺駅周辺は一気にガラが悪くなるでしょう。 私が集団ストーカーを引き連れていきますので。 ごめんなさい。m(__)m ずっと家の中にいるので、いい息抜きとなるでしょう。 主人が車で連れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予告・和珥臣の遠祖彦国葺書きます

ストーカーの話ばかりで嫌になった方もおられるだろう。 明日から彦国葺書き始めます。 メモのアプリダウンロードしたので それに書いていきます。 コピーしてブログにペストしたらできたので でも長文は無理だろうな。 少しづつ書いていきます。 でもねぇ・・・・ この間日本武尊の最初の妻と書いたけど やっぱり&#33…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな風に書いてます

一年前まで頭なんか使ったことなかったのに 日本書紀にのめり込んでしまって、も~~~大変です。 一日かけて「日本書紀の謎を解く」書いたら頭は、もうぼんやり。 翌日まで頭の疲れが残ってます。 で、これが欠かせません。ブドウ糖です。 書き始めはこんな風にオコタの天板のうえに並べて始めます。 実は情報カードに日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごすぎて眠れません!興奮です!

今朝四時過ぎに目が覚めて、それから襲津彦の事を考えていたら とんでもないことに気がついた。 いそいでメモ書きして布団に入ったけど眠れなかった。 ああ、すごいです!! 物部麁鹿火と大伴金村は同一人物です! 19、いえ20でなぞ解きができると思います。 一度「日本書紀の謎を解く・18」消しましたけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18削除しました

「日本書紀の謎を解く・18」読んでくださった方。 ごめんなさい。     削除しました。 続きの19を書いているうちに間違いに気がつきました。 訂正です。やっぱり葛城襲津彦は、襲津彦でした。 「日本書紀の謎を解く・18」もうしばらくかかるかもしれない。 なんか、いろんなことが一気につながってきた。 とんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メチャクチャがわかってきたのは前進だ!

「日本書紀の謎を解く・18」 ずっとここ数日書き続けてるんですが 昨日見直したら、も~~~めちゃくちゃです。 全然整理ができてないというか、 出来事を完璧に把握していないことがわかったというか、 でも、書きながらも 整理をし、出来事が把握できるようになってきたから めちゃくちゃなのがわかるのでしょう。 前進で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本書紀の謎を解く・18の予告!!

ここ数日朝鮮半島外交と「新羅の変」の再確認してました。 その過程でとんでもないことを発見!! 衝撃です!! かなり前から 物部麁鹿火と穂積押山が同一人物だというのはわかっていたのですが、 なんと筑紫磐井国造磐井とも同一人物という結果となりました。 たしかに九州北部に物部氏の影響がありそうなのは、 風土記読んでたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんか前進できそうだ・・・・

「日本書紀の謎を解く・18」書きながら、やっとわかったことがある。 なんでぇ~~~(/ω\) なんでわかんなかったんだろう。 暗記するぐらい何度も読んでたのに。 ただ「知ってる」っていうのと「わかった」「理解できた」っていうのは 宇宙の果てから果てぐらい距離があるってことですね。 任那は二度滅亡したのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土葺きの瓦屋根2

午前中散歩してたら家を解体してた。 屋根を見たら土が乗ってる。 へぇ~~、昭和四十年代に建てたと思われる 当時はやりの家なのに瓦の下に土を盛ってたんだ。 屋根の上に土を盛る利点は 家を夏の太陽から守ったりするっていうのもある。 家が涼しいのだ。 考えてみれば日本人は最近まで 「土蜘蛛」やってたのかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日十大王・・・わかったかも・・・・

紅葉真っ盛りで 今日はどこか観光地に行きたいと思ってたけど 雨だし一日中家にいて水谷千秋氏の「継体天皇と朝鮮半島の謎」を 本棚から持ち出して読んでた。 昔読んだ本なんだけど・・・ 今一番知りたいのは古代朝鮮半島の百済・新羅・高句麗、伽耶の歴史。 先日梅田の本屋除いたけど全然なくって 水谷千秋氏の本に朝鮮半島の文字が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安閑天皇が蔵王権現という不思議

不思議です。 日本書紀でも古事記でも全く存在感がない安閑天皇。 おそらく研究者でもそれほど注目してこなかった天皇が なぜか蔵王権現と同一神とされる不思議。 Wikipediaでは 「神仏習合の教説では、安閑天皇(広国押建金日命)と同一の神格とされたために、明治時代の神仏分離の際に本山である金峯山寺以外の蔵王権現を祀って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進みません

昨日は季刊考古学・別冊22「中期古墳とその時代」のなかの 「倭王武上表文の真意」熊谷公男氏の論文読み直して、 簡単にノートにまとめてみて、大雑把ではあるが半島の歴史が見えてきた。 日本書紀では百済に対して常に優位に立っている記録が残されているが もう信じられない!! 前にも読んだんだけどねぇ。(/ω\) 私・・・十回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学者違うし・・・・

今日は「日本書紀の謎を解く」で倭王武について書こうと思ったけど 以前読んだ論文が気になって、もう一度引っ張り出してきて読み直してた。 季刊考古学・別冊22 中期古墳とその時代 ー5世紀の倭王権を考えるー 第三章 文字史料から描く五世紀の大和政権 倭王武上表文の真意 ーいわゆる「高句麗征討計画」を中心にー 熊谷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無知でんな!

政府が外国人への差別の調査を始めたそうだ。 差別なんてたいていは無知からくるものだ。 在日の人たちを攻撃するヘイトスピーチなんか典型的なものだ。 日本書紀や風土記には朝鮮半島からの渡来人の記録がたくさん出てくる。 驚くのは弓月氏(ゆづきのきみ)は百二十縣の民を率いて渡ってきているし 倭漢直の祖阿知使主とその子都加使主は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来週から

ひゃぁ~、さっき西側の空室の部屋を覗いたら いつの間にか誰か入ってた。 ((((;゚Д゚))))))) まさか奴らじゃないでしょうね。 でも、いつ入ったんだろう。 私パソコン使うときも日本書紀やってる時も 廊下側の洋間の窓少し開けてやるんだけど 引っ越ししている音なんて全然しなかった。 部屋のまわり、すべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題なし!!

アマゾンで本を探していて 天皇家が朝鮮半島からきているという説に 反論している人がいることを知った。 天皇家が朝鮮半島から来てはいけませんか。 というか・・・・ どうしても継体が百済の王子だったのではないかというのが 私の中で否定できなくなってきている。 継体が死んだと思われるあたりで 百済の太子淳陀が亡くなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英雄大叙事詩「ヤマトタケル」

私の説をブログ上で発表していこうかと思ってるんですけど いろいろと考えなければならないことがあってね。 名前、どうしようかな。 本名は絶対に出したくないからペンネームかんがえるかな。 発表して多くの人の協力を得た方が早くなる。 私の一番の目的は日本書紀の原資料を再現することなんです。 ちょっと言い過ぎかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうするかなぁ・・・・

ちょっとばかし・・・・ ちょっとばかしじゃないか・・・・ 殺されるかもしれない恐怖を感じる毎日が続いているのですが 一番困っているのが、日本書紀に関する新説をどうするかです。 あまり時間がなさそうだから もうブログで発表していくしかないのかなって考えてます。 あとは多くの研究者の頭を借りて古代史の真実を一刻も早く探っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more