日本書紀の謎々を解く217・うなて

豊後国風土記に登場する豊国直等が祖「菟名手」、景行紀の国前臣の祖「菟名手」の「ウナテ」に何らかの意味があるように思えて気になって仕方ない。手元にある電子辞書の広辞苑で調べたら「溝(うなで)」と出る。同じく電子辞書内のスーパー大辞林を見ると「雲梯」と出る。どちらだろう。色々と調べたら「ウテナ」と「ウナテ」がごちゃ混ぜになっているものもあっ…
コメント:0

続きを読むread more

御堂関白記が九万円

ひぇ〜っ!『御堂関白記』が9万円?しかも角川ビギナーズ・クラシックだよ。古典入門編みたいな文庫本が、一冊九万円以上。 私が少し前から『御堂関白記』を探しているのを知って、(このiPhoneは完全に乗っ取られてる)吊り上げてきたに違いない。レーモン・ルフェーブルもつり上げてきたし。 アホか! 何がなんでも読まなければならない、という…
コメント:0

続きを読むread more