日本書紀の謎々を解く・216 磨布理許2

以前「日本書紀の謎を解く208」で播磨国風土記に記される「磨布理許」を、前後の内容から「砥堀子」ではないかと述べましたが、もしかすると「砥堀、来(砥掘、来い)」かもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント