アメリカとイラン戦争回避

ぎゃ〜っはっ、はっ!
ひゃっ、ひゃっ、ひゃっ!
ひーーーーーっ!
笑いすぎて
お腹がよじれるよぉ〜っ!

だって今、
関西のニュース見てたら
おかしなこと言うんだもん。

イランの革命防衛軍のソレイマニ司令官が殺されて、
アメリカとイランが「すわ戦争かっ!」と
一触即発の事態になっていたが、
アレ、どうなったと思う?

スイスが仲介に入って戦争回避できたんだって!

(大爆笑!)

こんなこと言わされる記者さんたちも、本当に気に毒だ!
穴があったら入りたいに違いない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

宮崎アツ子
2020年02月04日 15:17
また、お邪魔します。よし兵衛さんは話せる被害者さんのようにお見受けしますので、ちょっと長文になります。ご容赦ください。少し前の記事を読むと、ご主人は、集ストを話題にすると怒られて話にならないんですね。実は、私も父親、家族から監視状態、仄めかしされ放題です。でも、昔から私の家族は元々信じられないくらい冷たく、仲良くなかったので、ショックはないんですが、よし兵衛さんは、信頼していたご主人だったら、悲しいですね。
でも、義母さん、義父さんも立て続けに亡くなられたとか、たぶん、これも集ストに巻き込まれてのことだと思うのですが、ご主人はどう思われてるのでしょう。
私の母も集ストに巻き込まれたような形で、がんであっという間に亡くなりました。兄の襲撃も重なって、ほんと家族中、嵐に巻き込まれたような感じでした。
私はさらに、テクノロジー犯罪を受けて、
ほぼ、2年くらい、横になると体を動かされて寝られないということをされ、
ストレスで、元々1型糖尿病の遺伝子を持っていたため、糖尿病を発病し、一時期、
老人みたいにやせました。
よし兵衛さんのがんもテクノロジー犯罪の機器で発生させられたという可能性はないですか?今、公表されていないけれど、恐ろしく技術は進んでいますね。
ところで、よし兵衛さんは、この集団ストーカーの一番上の首謀者はどこ、誰だとお思いですか?
私は、この監視技術が使えるのは、国家レベル、世界規模の権力者だと思います。
よし兵衛さんは安倍首相を信頼しているんですね。
よし兵衛
2020年02月04日 17:04
アツ子さんがおっしゃられるように、私は義父や義母、実父の死も集団ストーカーが関係していると思っています。義父は殺されたと思っています。
また私の癌はともかく、その後に子宮卵巣を同時に切除しなければならなくなったというのも、もしかすると集団ストーカーのせいだったのではないかと考え始めています。
主人が膵管拡張で激痩せしたのは、あきらかに集団ストーカーのメンバーの歯科医が治療の最中に何らかの薬剤を使用したからだと思っています。
よくよく考えてみると私も医療事故の連続でした。

この組織についての私の私見述べさせてもらうと、もともとこのカルト教団が脱会信者への嫌がらせで始めたことで、やがて他人の人生を支配してコントロールするという面白さにとりつかれ、一般の人へ嫌がらせを広げていったのだと思います。

一方三十年ぐらい前から暴力団対策法で生きづらくなった暴力団員が、次から次に日本中の宗教法人を乗っとるということを始めました。
もともとこのカルト教団は教団設立当初から暴力団ともつながりがあるという噂がありましたが、これで二つの組織は完全に一体化したのだろうと思っています。

さらに、こういう動きを観察していた中国、ロシア、北朝鮮などのテロ国家が工作員を使って、日本国内の反社会的組織と反社会的性質を持った人物、中核派などの過激派、そしてカルト教団を一つにまとめあげたのだろうと考えています。
集団ストーカーたちが最先端の道具を使っているのは、これらのテロ国家から譲り受けたものだろうと思います。さらに中国やロシアなどで専門的な軍事訓練を受けているように思えます。
催眠術などのマインドコントロールも本格的な訓練を受けているようです。

アツ子さんは、安倍首相を信じられないように見受けられます。実は私も数年前までそうでした。朝日新聞の影響で目の敵みたいに見ていました。
でも朝日新聞が嘘八百の記事を書いていることにやっと気がついて洗脳が解けました。さらに日本で起きているようなことが先進国でも起きていることにも気がつきました。アメリカ国内でも似たようなことが起きているように思えます。

ヨーロッパの人たちはすでに二年前には、その背後にロシアがいることに気がつき始めたそうです。イギリスでロシアの元スパイ親子が殺されるという事件があって、イギリスはロシア外交官を国外退去させました。それに続いてヨーロッパの十数カ国がロシアの外交官を追放しました。ほぼ戦争状態に入ったようなものです。
日本では三年前から今まで日本では考えられないような事件が立て続けに起きています。そして明かに東京オリンピックを失敗に終わらせようとする悪意ある力があるようです。それを強く望んでいるのは中国でしょう。

私は今、安倍首相と先進国の首脳たちが知恵を結集して、テロ国家と戦っていると思っています。今、今までに人類が体験したことがないような、みごとな戦争が起きていると思います。
それもあと少しで終わるでしょう。

悪意あるおかしな噂を立てられ人間性をおとしめられているのは安倍首相も同じ。私たちと同じ集団ストーカーの被害者の一人だと私は考えています。トランプ大統領も被害者だと考えて、お気の毒だなぁと思っています。

ただ、この私の考えが当たっているかはわかりませんけど。
テロ国家はテロ国家。集団ストーカーは集団ストーカーにすぎないのかもしれません。私が勝手に全てを結びつけて壮大なストーリーに仕立て上げているだけかもしれません。


SEIKO
2020年07月17日 21:50
集団ストーカーの黒幕は日本が嫌いな国とその国を支持する官僚や政治家の人達
だと思います。ほんとに漫画みたいな出来事なのですが、非通知電話で「お前の
亭主を脅かせばそれで済むことだ」と知らないおっさんに言われたのです。
そのあとから自宅で亭主と二人きりでいるとき亭主が妙な仄めかしを始めだした
のです。
「日本はまだまだ中国に対して賠償金を払わなくてはならない」だとか
「お前の先祖に借金があるんだ」だとか「お前は三平の娘と同じようなものだ」
なんて言うんですよ。「誰に命令されてるの?」って聞いても口をつぐんで言わないのです。そんな仄めかしを亭主に強要できるのは権力者しかできない事だと思います。もう10年前の出来事ですが実母と実兄があいついで亡くなり母と兄の全財産4500万円{兄の生命保険を含む}が全額他人の手に渡ってしまったのです。祖父は戦前の鉄道官僚です。
先祖の借金だなんて政治的な意味にしか取れませんよね。