網膜剥離が始まった

網膜剥離が始まりました。
光が飛び、目の中心が見えなくなっています。

実は先週の日曜日に義父の一回忌があって、
帰りが遅くなったのです。
暗くなった阪神高速の下の道で
集団ストーカーたちに囲まれました。
その時赤い点のようなものが走るのが見えて
次に瞬間右目にサクッと違和感を覚えました。
家に帰って暗い部屋に入ると
光が飛ぶのです。

あっ、もうま始まったと思いました。

翌日本を読んでいて
中心部が暗く見えにくくなっていることに
気がつきました。
レーザーか何かを照射されたんじゃないかと思います。

一ヶ月前にはカメラを壊されました。
イオンの駐車場に
8と8888と8080のナンバープレートをつけた黒い車が3台並んで駐車していたので、
しめしめ、集団ストーカーの証拠写真が取れると思って
カメラを向けた瞬間に
レンズが開いたまま動かなくなりました。

どうも
ものすごい腕前のスナイパーがいるようです。

こういうことは二年前の年末に
スマホでもやられました。
あの頃は偽の道路工事で
大渋滞を作られることが多く、
庄内の郵便局前で不審な工事があって
それをカメラに収めようとした時
スマホが動かなくなったのです。

1分ほどで直りましたが。
この時撮れた映像を以前紹介したはずです。

ものすごい腕のいいスナイパーです。
ロシアで訓練されたんだろうと思われます。

網膜剥離が始まったのなら
眼科に行けばいいだろうと思われるでしょうが、
嫌がらせが続いています。
以前尼崎の眼科で若い男の医師から
「ここは結膜炎とか、初歩的な症状しか扱わないので
他の病院へ行ってください」と言われたことは
以前書きました。

そのあと、別の病院へも行ったのですが
若い女医は暗室の中で
横文字がズラッと並んで
下の方に目の断面図と細胞の様子が書かれた、
どう見ても医学書としか思えないものを
机の前に投影して、もっともらしい説明をした後で
私の目は何の問題もない、健康な状態だと言い切ったのです。
そして目にレンズを当てて
光を当てて眼底を見る検査は
今まで体験したことがないぐらい時間をかけてやりました。
で、帰りに涙成分の目薬をいっぱいくれただけでした。

こういう嫌がらせを何度も何度もやられると
今度は何をされるのかと
不安になります。

今は目薬をさして、
最近売り出している網膜にいいというサプリを飲んで、
出来るだけ安静にしています。
失明は時間の問題のようです。

間に合いませんでしたね。
トランプ大統領が
二ヶ月後にいい知らせを聞くだろうというので期待してたんですが。
そんなに私の都合よく進みませんでしたね。
仕方ありません。運命でしょう。

問題は日本書紀です。
これ以上書けなくなったのが残念でなりません。
今後主人に手伝ってもらって
私の情報カードを公開しようか、
とか考えています。

もう少し考えてみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント