京都アニメーション、偽の証言

京都アニメーションの放課殺人事件。
犯人の男が「パクリやがって」といったという証言が出たそうですが、
この証言をした黒い服を着た女性のいうことを信じてはいけません。

この女性がいうには
誰かが玄関のインターフォンをピンポンと鳴らしたから
何だろうと思って玄関から出てみたら
全身火傷をした男が横たわっていた。
そしてその時「パクリやがって」と言った。
その言葉にものすごく激しい怒りを感じたと言います。


実は昨日の関西のニュース番組で
この黒い服を着た女性とは別の女性で
外がうるさいので
玄関のドアを開けて見てみたら
目の前に大やけどをした男が
倒れていたと証言をした女性が
いたのです。

玄関を出たら
目の前に大やけどをした男が横たわっていたという女性が二人。

二人の女性は
真向かいに住んでいるのでしょうか。
どちらかが嘘を言っていると思います。

半袖の黒い服を着た女性は
誰かがインターフォンをピンポンと押したから
外に出たら目の前にお時が横たわっていたと言いますが
誰が押したのかはわからなそうな。
不自然な話ですよね。

この女性が着ていた黒い服に見覚えがある人は
警察に通報してください。

それから
犯人の男は周辺でもトラブルメーカーだった。
事件の前日にも周辺の住人とトラブルを起こしていた。
だって!^_^
またまた出ました!

もう、聞き飽きた!
そろそろ、別の何か考えて!

証言していた若い男の声に聞き覚えがある人は
警察に通報してください!



それから今ニュース見てたら
京都伏見署の会見。
最初だけ放送して
詳しく説明するところで
さっさとスタジオのアナウンサーに切り替わった。
警察が会見で
本当は何を伝えたか
これではわかんないよね。
この後は犯罪組織が
勝手に筋書きを考えてるんだろうけど。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント