猟奇殺人で脳が興奮

昨日は眠れなっかった。
数日前に川崎市だったか、
夫が皮膚がむけるほどの熱湯を浴びせられ殺され、
頭の毛をむしられた妻が
瀕死の状態で
車椅子で救出される場面を見て
私の不安は的中したと思った。
画像


角谷美代子の事件は今も日本中で続いている。
そして数え切れないほどの家族が
自分の家で換金拉致され残忍な暴行を加えられ
最終的に殺され、
日本から消えていっている。
画像

『家族喰いー尼崎連続変死事件の真相ー』より
著者:小野一光(太田出版)

夫が死んだ後
犯人たちは一目散に逃げ出したのだろう。
今、新たな被害者を物色している最中のはずだ。

実は一ヶ月前から不審な電話が
私の携帯に入るようになった。
まったく見覚えがないし
私は自分の携帯番号は外部の人間には教えていない。

だから、次は我が家に来るなと思って怯えている。
出刃包丁や刺身包丁、ナタを常に準備している。
躊躇なくやるつもり。

あの角谷美代子の事件で唯一助かった人がいる。
この男性は友人に弁護士がいて
相談をすると自分で犯罪者になるしかないという
アドバイスをもらった。
そこで軽い窃盗をして逮捕された途端
犯罪者たちはスッと姿を消したらしい。
つまり常識を持っていたらダメだということだ。

昨日は布団にはいってから、
よしゃいいのに
犯罪者たちが部屋に侵入してきたときのことを
シミュレーションしてしまった。

そのうち、
コイツらタダでは置かないと
激しい怒りが湧いてきて
刺した後生きたまま腹を割いて
内臓全部引きずり出してやろうかとか、
指をナタで落としてやろうかとか、
女は顔を切りつけやろうとか
そんな猟奇的な考えが次から次に湧いてきて
脳が興奮してしまって
ついに寝られなくなってしまった。

どうせ逮捕されるんだったら
いっそ猟奇殺人まで犯して
今まで鬱積した怒りを発散させる方がマシよ!

そこまで、今の私は追い詰められている。
日本書紀の謎を解くときが
この世の煩わしいことを考えなくてすむ時間だ。


まぁ、適度に、脳が興奮しない程度に
シミュレーションしておくことだ。
殺人鬼集団は絶対に来る!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月13日 09:38
名前を間違えいます
2019年07月13日 09:39
名前を間違えています