泉佐野市、ふるさと納税

泉佐野市のふるさと納税が問題になっている。
行政がやるにしちゃ
とことん品性がないよなぁ。

で、昨日テレビで始めて泉佐野市長を見た。
どっかで見たような顔だ。
ボワァ~ンとしたところが
岸和田市長に「顔の種類」が似てる。

どんな経歴なんだろうと
ウィキペディア調べてみたら
変なとこ見つけた。

学歴だ。

同志社大学卒業と書いているのに
表の中にはない。
画像

画像


表の中にあるアメリカのリンカーン大学は
確か20年以上前に
日本にいながらアメリカの大学に留学できると
話題になった大学だ。
数年で撤退するなど問題があったところだと
記憶している。
こんな聞いたこともないアメリカの大学、
普通の人ならまともに相手をしない。

同志社大学を出て、何でわざわざ
本当にあるのかどうかすらわからない外国の大学に
行く必要があるのか。
さっぱりわからない。

と言っても
関西以外の人にとっては
同志社大学、立命館大学はただの二流だから
私の言っている意味は伝わりにくいだろう。
私も関西に来てびっくりしたことだが
京都大学の滑り止めが同志社大学なのには驚いた。
滑り止めだからって、
一気にそこまで下げるか!?
京都大学ダメでも、
東京大学や東北大学とかあるだろっ!
って思うが、関西人にとって
関西から出るぐらいなら同志社なんだそうだ。
関西の人にとって
同志社大学、立命館大学は一流大学なのだ。
それでも関西に長く住んだら
そういう感覚にならされる。

だから同志社大学出て、
得体のしれんアメリカの大学?
しかも表の中に同志社大学の文字はない不思議。

で次に岸和田市長を見てみると
「ん?」
なんか、前見たのと違ってるよーな。



私の考えすぎだったらいいけど。




この記事へのコメント