「八重の桜」低視聴率 信じられない!

NHK大河ドラマ「八重の桜」の視聴率が低迷しているらしい。


へ~~っ。私、めちゃくちゃ気にいってるんだけど。
おもしろいよぉ。
このリアルは大好きだな~~~\(^o^)/
去年、おととしはプンプン腹立てながら見てて、
「もう来年こそは大河ドラマやめるっ!」って思ってたけど、見てよかったぁ。

松平容保やってる綾野剛くん。今にも血管切れそうで本物かってぐらい良い。
一ツ橋慶喜やってる小泉孝太郎くんもいいねぇ。やるねぇ。
出演者皆いいです。
でも、ダントツ、西島秀俊さん


しかし、なにが悪いんだろうね。
主人に聞いたら、「そうかもなぁ。」って。

たしかに幕末が丁寧に描かれ過ぎて
特にあのあたりは、公武合体やら尊王攘夷やら入り乱れてわかりづらいだろう。
(でも会津の悲劇を描くにはしかたないだろう)
八月十八日の政変から蛤御門にいたるところなんか
主人を見ていても、ぼんやり画面を眺めてるだけのよな気がして
わかってんのかなと思うことがあったので、
紙に簡単な年表を書きながら
「このころ薩摩は、すでに薩英戦争を体験してて攘夷じゃ駄目だって気がついたわけ。で、徐々に倒幕の方向に向かっていくわけ。
でも、長州はまだ下関事件を体験してないから、バリバリの尊王攘夷なわけよ。
で、朝廷の内部ではね。三条実美をはじめとした攘夷派の公卿と攘夷に不安を抱く公卿がぁ・・・・・・」って説明してやったぐらい。

先週も薩長同盟の場面で坂本竜馬が前面に出てこない。
ただの土佐藩の脱藩浪士の仲介でと説明されただけ。
後姿だけが映って着物の袖の家紋でわかるようになってる。

キャ~~ッ!クールだわ!
このリアル、最高!
本当に歴史が好きな人間には、たまらなくおもしろいと思う。

竜馬ファンには不満だろうけど・・・・・
(私も「竜馬が行く」8回読み直したぐらいの竜馬ファン。
でも、そろそろいいかな。)

なんか視聴率が低いから、脚本を書き変え始めたとかいうけど
そんなことする必要はないぞ!

あの「竜馬が行く」だって、今思えば信じられないぐらい視聴率低かったんだぞ!
内容が理屈っぽ過ぎるとかで。

歴史に興味のない人間は、ほっとけっ!
NHKが視聴率など気にするな!
気にするから、あんな愚作を作るんだ。


   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック