日本人の美意識をTVが破壊する

最近始まった時代劇「大奥」・・・男女逆転してるっていう設定の・・・・

えげつなくって一回見たら、もういいですって感じ。
あの設定を面白がって見るってふうには私はなれないようです。

正直言うと、設定がえげつないって言うだけじゃなく、
何でしょうかねぇ・・・・・・何と言ったらいいのか・・・・

春日の局の着物なんですけどね。
「ちょっとおかしい」を通り越している。
打ち掛けの下からのぞいている着物の襟・・・変!めちゃくちゃ変!
なんじゃ!こりゃ!
よ~く目を凝らして見てみたら、着物の襟、おってない?
おらずに前を合わせてる?

NHK総合でも始まった「薄桜記」でも、着物の襟がおかしい。
これは、最初から最後まで真っ二つにおっているから、
上半身がものすごく窮屈な感じに仕上がっている。
着物の襟は、下に行くほど(指一本分ぐらい)広めにしていくんですけどね。

いまや、NHKでもこうなんですからね。(--〆)

民族衣装ひとつ着せつけられませんか。国営のテレビ局が。
テレビには日本の文化、美意識を伝えるという重要な役割があると思うのですが
最近のヘアメイクのかた、プロ意識がまったくありません。
というか・・・・最近のヘアメイクの方、日本人ですか?
どう見ても、今までの日本人の仕事の仕方じゃない。雑だし・・・・

たぶんドラマの制作者の誰ひとりとして、あの現場にいて
おかしいとも問題だとも思ってないんでしょうね。
    

それと、若い役者さん(ジャニーズ)の所作も卑しい。

KAT-TUNの田中 聖さん。
どんだけ卑しい階層出身なんだって言いたくなるぐらい所作が下品。ガサツ。


平清盛で平時忠やってるV6の森田 剛さんも・・・・なんちゅうか・・・・・・
表現しようがない。生き方が顔に出とる。
「三姉妹」から見てきたNHK大河ドラマ、ついに卒業するときがきたなぁって思いました。
来年見ません。

ジャニーズは、ダンスもいいですけど日本の芸能界にいる以上というか
アイドル後のこと考えて日本舞踊、茶道なんかを教えてはいかがですか。
あの若者たちで若衆歌舞伎を再現したらおもしろいのに・・と思ったりする。

NHK大河ドラマ「平清盛」も・・・・
歴史ファンの私としてはリアルにこだわって、
新しい時代劇をつくろうというあたりで評価はするんですけど
なんか最近ストーリーだけが目の前をスッーっと流れていく感じで

そんなとき、なんちゅうか・・・・
「虚実皮膜論」なんちゅう言葉が頭をよぎるんですね。
意味を正しく理解しているかどうかわかりませんけど・・・・(^^ゞ
ふと、よぎるんです。



そうそう、「薄桜記」の柴本 幸さん。
女優業なめとる!
普段ドラマ見て文句一ついわない主人が、「なんだぁ、あの変な歩き方・・・・」って
何度も言うぐらい変だ。
演技もうまくないし・・・・・
たぶん「ママが何でも教えてくれるわ。」で
俳優としての基礎トレーニングができてないのではないか。
あの歩き方や所作も
「着物のときの歩き方は、すり足よ。」っていう、
母親のアドバイスを教えてもらっただけで大丈夫だと思ってしまう、
あまっちょろい感じがもろ見え。

お母さんの真野響子さんは、大好きな女優さんのひとり。
「御宿かわせみ」は、何度かドラマ化されたけど、
落ち着いた「大人の恋」っていうのを一番感じられる、彼女の「かわせみ」が一番好きだ。
たぶん二十歳ごろ見たと思うけど、
いつかこんな恋ができる大人の女になりたいなぁって憧れたもんだ。

沢口さんは・・・こりゃ処女だなぁって・・・・
駄目だぁ、こりゃ。
二人の間に、あの雰囲気が感じられなきゃ大人の恋じゃないでしょ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック