集団ストーカーと戦いながら日本書紀の謎を解く

アクセスカウンタ

zoom RSS 中津市耶馬渓の山崩れる

<<   作成日時 : 2018/04/11 11:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の早朝、中津市耶馬渓で大規模な土砂崩れがあった。

雨も降ってないのに不思議だというが
周囲の山を見ると
手入れがされてない、
(杉か檜かはわからないが)
針葉樹が密生していた。
これが原因ではないかと私は考えます。

針葉樹の根は枝葉が広がった分ぐらいしか横に広がらない。
つまり、針葉樹はしっかりと大地に根を張らないわけです。
木に土をしっかりと捉える力がないので
針葉樹林の林はものすごく脆く、崩れやすいのです。

こういう大規模な土砂崩れは
これから各地で頻発するでしょう。



それから、私がもう一つ心配しているのは
各地で猛威を振るう竹林です。
この竹は横に根を伸ばすばかりで根を深く降ろさないので、
竹の寿命七十年がきて枯れ始めると
その山は一気に崩れる可能性があります。

竹林の管理もしっかりとしていくべきでしょうが
田舎の人間たちは
昔から地震が起こったら竹林に逃げ込めと
教えられてきているので
竹林はしっかりしていると思い込んでいて
そういう考えは一切もたないようです。


孟宗竹は実は中世に中国から入ってきた植物で
外来植物なのです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中津市耶馬渓の山崩れる 集団ストーカーと戦いながら日本書紀の謎を解く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる